プリザーブドブーケ

プリザーブドフラワーとは… 美しい姿で長時間保存することが出来るように加工されたプリザーブドフラワー

「プリザーブ」 (preserve) とは「保存する」の意味で、生花を有機溶剤を用いて脱水、脱色し、不揮発性溶液と染料を用いて着色保存加工したものです。

ドライフラワーと異なり、花弁の鮮やかさは生花に近く、ウェディングブーケとしても人気のお花です。

 

GRASSY(グラッシー)プリザーブドブーケ

  • 価格は、新郎様用ブートニア、クリアケースのセット価格です。
  • 表記価格は、参考価格です。内容等によって、別途お見積り申しあげます。
番号 ブーケ作品 お花の種類など 参考価格
(税込)
GR-Pre11 名古屋市千種区の花屋グラッシーのプリザーブドブーケPre11 バラ、ミニバラ、アジサイ、グリーン

33,480円




 

GR-Pre1 名古屋市千種区の花屋グラッシーのプリザーブドブーケPre1 バラ、ライスフラワー、アジサイ

36,720円




GR-Pre3 名古屋市千種区の花屋グラッシーのプリザーブドブーケPre3 バラ、ライスフラワー、アジサイ

35,640円




GR-Pre6 名古屋市千種区の花屋グラッシーのプリザーブドブーケPre6 バラ、ミニバラ、アジサイ

35,640円




GR-Pre16 名古屋市千種区の花屋グラッシーのプリザーブドブーケPre16 バラ、ミニバラ、アジサイ、水引

36,720円




GR-Pre4 名古屋市千種区の花屋グラッシーのプリザーブドブーケPre4 バラ、ミニバラ、ライスフラワー

46,440円




 

 

 

 

プリザーブドフラワーで作ったブーケは、その種類の多さから増えてまいりましたが、注意点がいくつかあります。

  • 生花と比べると、その質感、輝きに遜色がある。
  • とてもデリケートなため、触ったりすると壊れやすい。
  • 湿度に弱く、湿度が高いと、花や葉の表面から染料などが染みでてくる。
  • 色移りしやすく、ドレス等に擦れた際、ドレスに色がつく可能性が高い。

などの点が、挙げられます。

また、プリザーブド加工したグリーン(葉)は、枯れた感が否めずアーティフィシャル(造花)のグリーンとの組み合わせをお勧めしています。